Amazonギフト券を現金化するにはどんな仕組みで現金化するのかを解説

近年話題を集めているのが「Amazonギフト券の買取」です。
今回はその換金の仕組みについて少し解説していきたいと思います。
利用傾向の高い2つのパターンにて解説していきます。

利用目的によって異なるAmazonギフト券買取の仕組み

冒頭でも伝えたように利用傾向としては、使わないAmazonギフト券があり、それを売って現金化するか、それともAmazonギフト券を所持しておらずクレジットカードを使って購入して買取サービスを利用して現金化するのか、それによって買取の流れも違ってきます。
現在、Amazonギフト券の人気が高まっています。
巣ごもり生活の影響が大きいため、ネットショッピングをするユーザーがAmazonギフト券を欲しているからです。
買い手がいるため現金化が期待できます。

不要なAmazonギフト券を売って現金化する方法

Amazonギフト券買取の仕組みとしては、すでにAmazonギフト券を持っているなら、買取業者へ買取の申し込みをします。
印刷タイプやカードタイプは買取業者へ送付し、メールタイプはWEBにて送信をします。
現品を買取業者が確認したら、指定口座に買取額が送金される仕組みです。
プレゼントされたり、今なら、お祝いにて頂く機会も多く、不要だと思えば、現金化するのが利得です。

クレジットカード現金化としてAmazonギフト券を購入する

こちらは、Amazonギフト券を持っていないパターンです。
仕組みとしては、クレジットカードを使ってAmazonギフト券を購入します。
それを買取業者へ買取してもらいます。
これは、先にあげた不要なAmazonギフト券を買取してもらう流れと同じです。
違いとしては、クレジットカードを使ってAmazonギフト券を購入するという点です。
また、クレジットカード現金化の場合には、主に現金化業者を利用します。
しかし、現金が振り込まれないなどのトラブルもあるため、Amazonギフト券専門の買取業者を利用するのが特徴です。

まとめ:需要と供給のバランスがあるから利用価値がある

引きこもり気味な人が増えている今、ネットショッピングは今後も需要が増えると見込まれています。
そのため、Amazonギフト券の価値も今後高まると予想できます。
使わないAmazonギフト券があるなら売却した方が得です。
クレジットカード現金化を考える場合も、現金化商品としてAmazonギフト券を選んでみるのが賢明な判断です。
試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です